退職後はいくつかの目的それぞれに適した運用プランを

 

 

退職後の運用において達成されるべき要素

 

1) 次世代へのバトンタッチと超長寿への備え
2) 有事への備え
3) セカンドライフの充実

   

退職後の運用におけるテーマには、主に①次世代へのバトンタッチと超長寿への備え、②有事の備え、③セカンドライフの充実、の3つが想起されます。

いずれも欠かすことの出来ない要素であることから、テーマ(目的)ごとに区分し、それぞれに適切な運用プランを組んで管理していくことが望ましいと考えられます。

   


アドバイザーが各要素に適した運用をプランニングから包括的にサポート

   

1) 次世代へのバトンタッチと超長寿への備え

・ 長期投資に適した運用

・ 次世代への投資教育

2) 有事への備え

(流動性の高さを重視)

・ 長期投資に適した運用

・ ボラティリティの低い債券投信での運用

3) セカンドライフの充実

・ 追加的なキャッシュフローを確保する運用

・ 独自の運用アイデアで愉しむ運用

 

退職後のテーマ(目的)それぞれに対するソリューションを用意しています。各テーマに対するご要望を伺い、各テーマごとに何で運用するか、それぞれの配分をどうするかを考えます。

運用開始後は、レビューや運用アドバイスを継続して行います。

全てのテーマについてプランニングから包括的に参加させていただくことで、ご自身の環境変化などにより配分を変更する必要が生じたときも調整がスピーディかつスムーズに進みます。

 


 

次世代への資産維持に適した運用

  

次世代への投資教育

  

換金性を確保した運用

  

追加的なキャッシュフローの確保

  

 アドバイザーに相談