REIT、債券、高配当かつ堅固な事業構造を持つ企業の株式、またはそれらを投資対象とする投資信託をご案内致します。

投資対象の選別においては、以下の点を重視します。

 

1) 割高/割安の評価

2) 中長期的な信頼性

3) 投資信託の場合、運用構造の健全性
(何に投資してどの程度インカムゲインを獲得しているのか、シンプルな構造か)

4) 債券の場合、①利息の源泉がどこにあるのか、②表面に表れないコスト水準
(外国債券の場合、対象国の金利が高いほど低下リスク=通貨安リスク)

 


  

適している運用ニーズ

 

追加的なキャッシュフローの確保

  

 アドバイザーに相談